ベビーサインってなあに?

ベビーサインとは

「まだお話のできない赤ちゃんと手話やジェスチャーを使ってコミュニケーションをとる

育児法です。」

 

赤ちゃんの のどや舌の筋肉がお話しできる

ように発達してくるのは1歳半くらい。

 

赤ちゃんは言葉以外の表現方法を知らないため、大好きなパパとママとお話ししたいと思っていてもお話ができないという状態がず~っと続いていきます。

 

ベビーサイン 大好き
      ”大好き♪”のベビーサイン

そこで発声器官より発達の早いおててを使ってお話ししましょうねというのがベビーサインです。

 

 

ベビーサイン 電気
”電気”のベビーサイン
ベビーサイン いちご
”いちご”のベビーサイン
ベビーサイン 上手
”上手”のベビーサイン

 

赤ちゃんが毎日どんなことを考えているのか・・・皆さんは想像ができますか?

 

おててを使った言葉=ベビーサインという表現方法を知ると赤ちゃんたちは大人が想像もしなかった赤ちゃんの目にうつる世界のことをたくさんお話してくれるようになります。

 

たとえば・・・

お相撲さんの髷を見て「【帽子】かぶってるね」

エアコンの温度調節のボタンを見て「【おにぎり】だ!」

などなど楽しいエピソードは尽きません。

 


皆さんもベビーサインを通して赤ちゃんの世界を垣間見てみませんか?

ママにおすすめの訳

●赤ちゃんが泣かずに欲求をつたえられるようになるので育児のストレスが軽くなります

 

●赤ちゃんの気持ちを受け止めて上げられるようになり、心に余裕が生まれ育児に少し自信が持てるようになります

 

●赤ちゃんの世界を垣間見ることができ今まで以上に育児を楽しむことができます

 

●赤ちゃんと心が通いあう瞬間が増え、意思疎通がスムーズになります

ベビーサイン ヘルプ
”手伝って”のベビーサイン

●サインがあるとパパも自信を持ってお留守番ができるように!育児にも

積極的に参加してくれますよ

 

●目には見えない痛みをサインで伝えられるので赤ちゃんの健康管理や安全管理に役立ちます

 

赤ちゃんにもいいこといっぱい

●泣かなくても欲求をすぐにわかてもらえるようになるので赤ちゃんのストレスが減ります

 

●物には名前があるということを理解することができ、話しことばにいい影響を与えます

 

●ママにたくさん共感してもらうことで自己肯定感が高まります。

ベビーサイン 水
       ”水”のベビーサイン

●コミュニケーションの楽しさを一早くから知り、コミュニケーションに意欲的になります

 

●ベビーサインはアイコンタクトを取りながらお話するので相手の話を聞く姿勢も

自然と身につきます

 

●ママだけでなく、パパやおじいちゃん、おばあちゃん・・・ベビーサインがあれば

家族全員と楽しくコミュニケーションができます

 

●絵本とベビーサインの相性は抜群♪ベビーサインを使って絵本を楽しむことで

絵本を一層好きになります

 

可愛い”ベビーサイナー”ちゃんたちご紹介

「ベビーサインって本当に誰でもできるの?」

・・・という方、是非こちらの可愛いベビーサインのお写真見てみてください。

 

ベビーサインの見せ方は普段の語り掛けに手を添えるだけととってもシンプル!

 

コツさえしっかりつかんで見せていけば赤ちゃんたちは

かわいらしい小さなおてて”でたくさんのことを伝えてくれるようになりますよ。

 

ベビーサイン ありがとう
”ありがとう”のベビーサイン
ベビーサイン ありがとう
”ありがとう”のベビーサイン

ベビーサイン お花
”お花” のベビーサイン
ベビーサイン バイク
”バイク” のベビーサイン
ベビーサイン もっと
”もっと” のベビーサイン

ベビーサイン クモ
”クモ”のベビーサイン
”ねこ”のベビーサイン
”ねこ”のベビーサイン
”おいしい”のベビーサイン
”おいしい”のベビーサイン

”痛い”のベビーサイン
”痛い”のベビーサイン
ベビーサイン 帽子
”帽子”のベビーサイン
ベビーサイン 離乳食
”食べる”のベビーサイン

ベビーサイン お片付け
"お片付け”のベビーサイン
ベビーサイン おいしい
”おいしい”のベビーサイン
ベビーサイン くつ
”くつ”のベビーサイン

ベビーサイン おっぱい
”おっぱい”のベビーサイン
ベビーサイン ミルク
”おっぱい(ミルク)”のベビーサイン
ベビーサイン もっと
”もっと”のベビーサイン

はっぴーふぁむで ベビーサインを始めてみませんか?

山武おうちサロン

山武 親子教室

千葉市サロン

千葉 親子教室